住宅ローン審査情報サイトTOP > 住宅ローン審査豆知識 > 住宅ローン審査基準

住宅ローン審査基準

住宅ローン審査基準は銀行やローン会社が決めているため、各銀行や住宅ローン会社によって違います。一般的には銀行の規模・種類により、審査基準の厳しさ、甘さは下記のようになっています。

<住宅ローン審査の厳しさ>

審査に通りにくい              審査に通りやすい
(審査が厳しい)             (審査が少し緩い・甘い)
 大手都市銀行>地方銀行>第2地方銀行>信用金庫、ノンバンク

なお、大手都市銀行だから全て厳しいというわけではなく、
あくまでも上記は一般的な例ですので、個人の信用状況によっては、 大手都市銀行でも緩い審査をしていただける場合もあります。

 

上記の例は、あくまでも一般的な考え方だということをご理解ください。

 

ちなみに、最近では住宅ローンを提供する銀行・ノンバンクがとても増えており、審査基準が少しゆるい銀行も増えているようです。

 

たとえば、住宅ローンを借りるには、年収が400万円程度は必要なのですが、
年収が300万円程度でも借りることができたり、勤続年数が2年程度で短い場合でも住宅ローン審査に通ることができるやや審査が甘い住宅ローンを提供する金融機関もあるようです。

このように基準は各銀行によって違っており、ある銀行で否決されても、他の銀行では無事に借りることができたということはよくある話ですので、住宅ローンに通りたいなら、なるべく複数の住宅ローンを申し込むようにしましょう。


無料で複数の銀行の住宅ローンの資料を一括で請求できます。
詳しくはこちらをクリック>>

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

PAGE TOP