住宅ローン審査情報サイトTOP > 住宅ローン審査豆知識 > 住宅ローン審査 フリーランス・自営業について

フリーランス・自営業について

住宅ローン審査では、勤務先・勤務形態をチェックされます。

その際に公務員や正社員であると審査では有利になります。

 

一方で、契約社員・アルバイト・パートなどの場合は、審査では不利になります。
(アルバイト・パートの場合は、事実上、住宅ローンを借りることは無理です。)

 

フリーランスや自営業の方も一般的には正社員に比べるとやや不利になります。

フリーランス・自営業の方が審査に通る上で大切なポイントは、住宅ローンを返済できるほどの収入・利益を上げているかどうか、これがとても重要です。

赤字であったり、利益が少なければ、住宅ローン審査に通る確率が低くなります。

 

ですので、銀行の住宅ローンを借りたいのであれば、自営業やフリーランスの方は、少しでも利益を増やすようにしておくと審査に通りやすくなります。

節税などで経費を使い過ぎると利益が少なくなりますので、注意が必要です。自営業やフリーランスの方は、将来住宅ローンを借りやすくしたいなら、毎年の収支をプラスにし、少しでも利益額を大きくするようにしておきましょう。

 

なお、フリーランスや自営業の方で、住宅ローンを借りたいなら、東京スター銀行のスターフィット住宅ローンがオススメです。
東京スター銀行のスターフィット住宅ローンなら、フリーランスの自営業の方・法人経営者の方でも住宅ローンの申込みができます。年収の制限がありませんので、申し込みがとてもしやすいです。

もし、フリーランスや自営業者、法人経営者の方で、住宅ローンを借りたいなら、ぜひ、下記のSBJ銀行のANY住宅ローンの申込をしましょう。

 

フリーランス自営業者の方にオススメ!

東京スター銀行のスターフィット住宅ローンの詳細はこちらをクリック→


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

PAGE TOP