住宅ローン審査情報サイトトップ > 外国人と住宅ローン > 永住権のない外国人の住宅ローン

永住権のない外国人の住宅ローン

永住権のない外国人が住宅ローンを利用して日本で家を買うことはできるのでしょうか?

 

そもそも、住宅ローンとはお金を借りて、何十年もかけてそのお金を返す仕組みであり、日本に長くいつづけることのできない人(いるつもりのない人)に利用できる仕組みではありません。

 

永住権がないということは、ビザの種類にもよりますが、安定した職業と収入が無い限り、日本に居続けることができません。
銀行側としても、永住することのできない人にお金を貸して、何らかの理由で本国に帰ってしまい、本人に連絡がとれなくなったとしたら、ローンの回収ができなくなってしまいます。

ですので、ほとんどの銀行では、永住権のない外国人には住宅ローンの貸付をおこなっていません。ほとんどの銀行の住宅ローンの条件は、日本国籍がある、もしくは永住権がある人となっています。

 

しかし、最近ではノンバンク系以外の銀行でも積極的に外国人に住宅ローンの貸付を行い、なかには永住権のない外国人にも貸付を行う銀行も少なくありません。

 

その理由としては、国際化の流れを受けて日本で学ぶ・働く外国人の数は増え、長く住み続ける人が増えてきたのが一番でしょう。昨今のニュースでも、外国人留学生は日本の企業でも採用数がここ数年増え続けているようで、留学→就職→永住(日本人と結婚も含む)人が多くなっていると思われます。

そうなれば、やはり日本で住宅を購入したいと思うのはあたりまで、外国人の住宅ローンの需要が高まる=供給側(外国人にも住宅ローンが利用できる銀行)が増えてきているのです。

しかし問題は、永住権は日本に住み続けて10年以上しないと取得できないということです。 いくら優秀な学生が卒業後、日本の企業に勤務して安定した収入をえられたとしても10年間は永住権をとることはできないので、住宅ローンを組んで家を買うことはできないのです。ですので、一部の銀行ではそういった人たちにも積極的に住宅ローンを販売しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

PAGE TOP